首長インタビュー第7弾は、人口1万6千人の宮城県涌谷町にお伺いしました。

2019年1月、人口減少の影響による自主財源の減少や社会保障費、病院事業等への繰出しが増加した危機感から、財政非常事態宣言を自ら出した涌谷町。

現職だった大橋信夫氏の急死という異例の事態を受けて、今年5月に新たに町長に就任した遠藤釈雄(えんどうとくお)町長は、どのような想いを持って執務にあたっているのでしょうか?

涌谷町長に就任した覚悟や財政再建に向けた道筋、町の将来像についてお送りします。

 

[midashi]緊急事態の涌谷町でトップになる覚悟[/midashi]

「町民から”町長としての覚悟”を問われることも多々あるが、この厳しい状況の中で町長になると決断をしたことが私にとって最も重たい覚悟だった」と語る遠藤町長。

どのような覚悟を持って町長に立候補したのでしょうか?

[kubicho]「私はもともと町議会議長で、実は町長に立候補することは考えていませんでした。

議員はそれぞれの専門分野を見ていれば良いですが、町長は360度すべてを把握し考えなければなりません。当然、議員とは役割や責任が大きく異なるため、自分には町長が務まらないだろうと考えていました。

しかし、1月には財政非常事態宣言、4月には前町長の急死など、涌谷町は異例の事態となりました。

当時、信頼して町長を任せられる人が周りにいなかったこと、誰かが町長選挙に出なければならないという想いから、自ら町民のために立候補することを決意しました。

町長の仕事は今までの議員活動と異なり、町全体を見なければいけません。

病院経営などの諸問題についてまだ分からない点も多いですが、そこは町民や専門の方々の知恵も借りつつ共に考えていきたい、なんとか頑張っていきたいと考えています。」[/kubicho]

 

[midashi]財政非常事態宣言に至った要因[/midashi]

前町長は、2年後に町の貯金にあたる財政調整基金が赤字になってしまう恐れがあるとして今年1月に「財政非常事態宣言」を発令しました。

涌谷町では、財政健全化対策として、行財政改革を推進する決意を表明しています。

なぜこのような事態が起こっているのか、町長の目線から伺いました。

[kubicho]「やはり涌谷町国民健康保険病院への繰り出しが最も大きく、毎年4億円にまで上ります。

これが減らなければ財政は改善できません。

ただし、今すぐ財政破綻して、北海道夕張市のようになってしまうということはありません。国が定める財政の健全化判断比率は、町(会社)の倒産にしばしば例えられる”財政再生団体”となる数値とは乖離しているからです。

そのような情報が届いておらず、町内では行き過ぎた危機感を持った方もいらっしゃいます。

そのような方の誤解も解きつつ、財政を改善していきたいと考えています。」[/kubicho]


[midashi]財政再建に向け「一点突破」を狙う[/midashi]

町長が座右の銘として掲げている言葉に、「一点突破」があります。

複数の事象(面)を捉えて解決していくのでは無く、最も大事な課題(点)に集中して解決していこうという考え方です。財政再建についても、遠藤町長は一点突破を狙います。

[kubicho]「病院の財政が厳しい状態のうちは、他の水道事業や社会保障などを立て直そうとしても意味が無いと考えています。

なぜなら、病院単独で年間累計4億円にも上る繰り出しを続けている状況の中で、仮に他の事業の立て直しで得られたお金をつぎ込んでも、町の財政が良くならないからです。

今後の具体的な改善策については、財政再建を考える会議」を開催し、町民や議会の意見を聞きながら進めていきたいと考えています。

7月下旬には第1回を開催しました。多様な意見をいただきましたが、すべての意見を反映することはできません。

今は緊急事態ですから、皆さんからいただいた意見の中で現実的に有効かを見極めて、改善していきたいと考えています。

私はこれらの議論を踏まえて、やるべきことを淡々とやっていきます。

病院が課題ということは明確に見えているので、そこの一点突破です。」[/kubicho]