強いWILLを持ったメンバーをご紹介します

  • 菅野 永<br>KANNO HISASHI
               

    菅野 永 KANNO HISASHI

    プロフィール
    MAKOTO WILL代表の菅野が実現したい"WILL"(志)は「自治体と共に、地方に驚きと希望を与えること」。
    2015年にMAKOTOに参画して起業家支援をする中で、自治体の方々と接し、自治体が持つ課題に触れることになった。
    自治体の課題に真摯に向き合い、地方自治体の皆様とともにビジネスで課題解決することこそが彼の"WILL"なのだ。
    現在は代表として、社内、社外問わずその素直で熱い人柄から信頼を集め、MAKOTO WILLの各事業を牽引している。
    経歴
    地銀、北海道庁を経て、MAKOTOに参画。2018年7月にMAKOTO グループ化に伴い、MAKOTO WILL代表取締役就任。
  • 佐藤 悠人<br>SATO YUTO

    佐藤 悠人 SATO YUTO

    プロフィール
    彼がMAKOTOで働くことになったきっかけは、東日本大震災。地元の仙台や東北の復興に、経済面から貢献できる仕事がしたいと目覚めた。
    働いていて幸せな瞬間は、起業家が決断するための情報や考え方を提供する支援者としての役割を果たし、それを基に事業が成長していく姿を見るとき。
    そんな起業家への想いから、WILLでは起業後の事業継続と着実に成長するための支援を行いたいと考えている。
    地方で立ち上がる数少ない起業家をリスペクトし、資金調達や経営管理などをサポートしている。
    経歴
    東北大学法学部卒、大手電機メーカーを経て2014年に一般社団法人MAKOTOに参画。現在は個社支援の他、東北全体を対象にした起業家育成プログラムの統括責任者も務める。
  • 島 征史<br>SHIMA MASASHI

    島 征史 SHIMA MASASHI

    プロフィール
    学生時代にMAKOTOでインターンをし、クラウドファンディングサイトの運営などに携わっていた。
    そこで本気で私心無く事業に取り組む、MAKOTOグループ代表の竹井の人柄に惚れ込み、卒業後も人材系のベンチャー企業を経て、MAKOTOに参画した。
    WILLの中で成し遂げたいことは、「時代に応じた自治体の変革」である。
    社会が大きく変化する中で、変化しない自治体は取り残されてしまうことに危機感を抱いている。
    その変化をサポートするために、起業家支援という側面だけでなく、自治体の人事面や教育面でも良き相談相手になることを目指している。
    経歴
    東北大学経済学部卒、人材系ベンチャー企業を経て、現職。
  • 倉田 慎<br>KURATA MAKOTO

    倉田 慎 KURATA MAKOTO

    プロフィール
    学生時代に、「東北の復興に貢献したい」という想いでMAKOTOにインターンとして参画、そのまま入社を果たす。
    倉田の考える今社会に必要とされている人材は、「現状を良くしたい」「社会を少しでも良い方向へ変えていきたい」という想いを持って、具体的な行動に起こす人。
    WILLで働くことを通して、起業、創業を問わず、想う人・動く人を支援する取り組みをしていきたいと考えている。
    そんな倉田の熱い想いが形になった事業の1つが宮城県川崎町の地域づくり実践塾「SPRING COLLEGE」。
    受講者一人ひとりの想いを実現するお手伝いが出来たとき、またその瞬間に立ち会えたときに、幸せ、やりがいを感じたと語る。
    経歴
    東北大学工学部卒。学生時代にインターン1期生としてコワーキングスペースの立ち上げに関わり、集客・運営ノウハウの確立に貢献。その後、一般社団法人MAKOTOに社員として参画。
  • 江本 侑太<br>TOMOSADA YOSUKE

    江本 侑太 EMOTO YUTA

    プロフィール
    貧困や教育問題に関心を持ち、大学時代には必要な教育を受けられない子どもたちを支援する活動や、あえて講師が教えないことで生徒の主体性を伸ばす学習塾の立ち上げを経験。
    そんな中、地方公務員である父から地方の現状を聞き、日本の地方にも貧困問題や教育の課題があることを知る。
    父との会話がきっかけとなり、まずは地方で資金等が原因で必要な教育を受けられない子どもたちを減らすために、雇用を増やすべく、MAKOTOへの参画を決めた。
    現在、地方の起業家が雇用を生み出せる体力を付けるよう、ハンズオンに携わりつつ、全国や全世界の貧困問題や教育問題の課題解決にWILLで見出した解決策を横展開することを目指している。
    経歴
    千葉大学法経学部法学科中退。学生時代から学生団体や学習塾の立ち上げ、都内IT企業での長期インターンシップやWEBメディアの編集長等の経験を経て、一般社団法人MAKOTOに参画。
  • 谷津 智啓<br>YATSU TOMOHIRO

    谷津 智啓YATSU TOMOHIRO

    プロフィール
    大学卒業後、自分の夢を追い求めて歌手として活動した後、ビジネス歴0年で大手人材系企業に入社。
    生まれ育った東北のために働くも、地域の人や会社が困っているのに何も出来ていないことに無力感を感じるようになる。
    「地域の困っている人の力になりたい」、「会社の名札ではなく、自分の名札で商売がしたい」という想いから、MAKOTO WILLに参画することを決めた。
    彼がWILLで働くことを通して目指す姿は「圧倒的に東北を牽引できる存在」。
    地方の人がもっとワクワクできる世界感の実現のために、日々奮闘中。
    経歴
    大学卒業後、音楽の世界へ。大手レーベルとの契約解消後、大手人材系企業に入社。2019年3月にMAKOTOWILLに参画。
  • 島越 彩香<br>SHIMAKOSHI SAYAKA

    島越 彩香SHIMAKOSHI SAYAKA

    プロフィール
    大学在学中に一般社団法人MAKOTOでインターンの経験のある彼女。
    「地域」「教育」に強い関心があり、地方創生や自治体関連事業に特化したMAKOTO WILLの設立を聞き、これまでの学びや経験を活かせるのではないかと考えた。
    加えて、地域での教育関連事業を通じて、自らが地域の大人たちに育ててもらったように、今度は自分が下の世代に変革のきっかけを届けることを目指している。
    経歴
    宮城大学事業構想学部在学中に、一般社団法人MAKOTOでのインターンを経験。その他、教育団体や地域団体での活動に従事。卒業後、丸森町内の企業に入社。2019年5月より、MAKOTO WILLに参画。
  • 佐藤 由崇<br>SATO YOSHITAKA

    佐藤 由崇SATO YOSHITAKA

    プロフィール
    ”元自衛官”というMAKOTO WILLでは異色のキャリアを持つ佐藤。
    そんな彼がWILLに入社する決め手となったのは「ワクワクと安らぎを実感できる日常を自らの手で創りたい」という想いやMAKOTOグループの「人が幸せに生きられる社会を作る」というミッションへの強い共感だった。
    自治体や地域の起業家の方々との協働を通じて成長する中で、いつか自身がリーダーとして自らの想いを実現するための力を身に付けようと日々奮闘中。
    経歴
    高校卒業後、防衛省陸上自衛隊に入隊。特科(砲兵)部隊、教育専門部隊、司令部等の勤務を経験しつつ、特技である語学を活かした通訳・翻訳業務に数多く従事。退官後、2019年4月、株式会社MAKOTO WILLへ参画。
  • 鈴木 悠介<br>SUZUKI YUSUKE

    鈴木 悠介SUZUKI YUSUKE

    プロフィール
    国際協力に興味を持ち、大学時代はボランティアや学生団体での活動に打ち込んでいたが、インドでの滞在先のホストマザーから隣人愛を解かれ、周囲の幸せのために生きようと決意。
    大学卒業後、都内に就職するも、出身地であり、震災後に社会課題が山積する東北で、事業を通じた課題解決がしたいと思うように。
    そんな時、菅野との出会いがきっかけでMAKOTO WILLを知り、参画。
    社会課題先進地の東北から、同じ課題を抱えている日本の地方や世界に対して誇れる事業、ロールモデルを創出することが彼のWILLだ。
    経歴
    東北学院大学文学部卒。経営学修士(MBA)。従業員1,000名超の都内IT企業で経営企画を7年。全社戦略チームリーダーとして、マーケティング、HR、財務等の各領域を横断する変革プランを企画・推進。その後、2019年4月よりMAKOTO WILLへ参画。
  • 竹谷 遼平<br>TAKETANI RYOHEI

    竹谷 遼平TAKETANI RYOHEI

    プロフィール
    彼がMAKOTO WILLで二度目のインターンを始めた理由は「農業」。
    将来、楽におもしろく農業をしたいと考えており、農業関係の事業に携わる起業家や地域で活動する方を支援するサポートをしている。
    そんな竹谷がWILLで成し遂げたいことは「WILLの中で農業と言えば竹谷だ」と言われるほどの、農業のプロフェッショナルになること。
    また、多くのことを学び、成長することが出来たWILLでのインターンを次の世代へと受け継ぐことが出来るよう、インターン制度を整えることも成し遂げたいことの1つだ。
    経歴
    東北大学経済学部在中。大学1年12月より8か月間、インターンに参画。その後、AKINAIBASEなどのプロジェクト参加を経て、2019年2月より、インターンとしてMAKOTO WILLに再び参画。
  • 佐藤 桃子<br>SATO MOMOKO

    佐藤 桃子SATO MOMOKO

    プロフィール
    MAKOTO WILLアシスタントの彼女がMAKOTOに参画した理由は、「ビジネスによる持続的な社会課題解決をしたい」という想いへ踏み出すためだった。
    大学入学当初から、「公の立場から途上国の課題を解決したい」と考えていたが、海外ボランティアや学生団体の立ち上げをする中で想いが変化。ビジネスや0→1の現場を見ながら、地方の課題解決をする事業を作ることができる環境としてMAKOTOを選んだ。
    今は、地域や自治体の方の生の声を聞きながら、彼らの課題を解決する事業を作りたいと思い活動している。
    経歴
    東北大学経済学部在学中。2018年2月にインターンとして参画。地方自治体向け新規事業開発、広報、MAKOTOグループが行うアクセラレータープログラムの運営サポート等に従事。
  • 佐藤 柊<br>SATO SHU

    佐藤 柊SATO SHU

    プロフィール
    秋田県由利本荘市出身の彼は、高校生の頃から地域貢献活動に携わっていた。
    将来は自ら社会課題を解決する事業をつくりたいと考えており、MAKOTO WILLの「地方創生・地域課題の解決の領域で事業を行うベンチャー」という形態に親和性を感じ、インターンを開始。
    これまではNPO・市民セクターから地方創生・社会課題の解決にアプローチしてきたが、WILLでは「ビジネスによる地方創生・社会課題の解決」を実践的に学びつつ、自治体や地域のニーズに対応する新規事業開発を行っていこうと考えている。
    経歴
    東北福祉大学総合マネジメント学部に在学中。在学中にNPO法人ドットジェイピー、東北若者10000人会議等での活動を経験。その後、2019年4月よりインターンとしてMAKOTO WILLに参画。

page top

CONTACTお問い合わせ

MAKOTO WILLへの
お問い合わせはこちらから
グループページ