今回の首長インタビューは、福島県伊達市の須田博行市長。

伊達市は夏秋きゅうり出荷量日本一であり、桃やぶどうなどの果物も有名で、とても魅力に溢れたまちです。

他にも移住のための支援策や、新規出店のための支援をはじめ、高齢者の健康づくりのための取り組みなど、人を大切にしたまちづくりを進めています。

伊達市の魅力や、将来の展望について須田市長にお聞きしました!

 

農業がまちを明るくする。農業を産業基盤に、自然と若者を守りたい。

私は福島県の職員として長年勤務をしており、農業土木の技術者として土地改良の基盤整備や地域づくりを担当していました。その中で感じたことは、農家が元気な地域は全体も元気があるということです。伊達市は農業地帯であるため、同じように活気づけることができるのではないかと考えました。

 

農業は産業の基盤であり、産業振興にも必ずつながる。伊達市はまわりに山もあり、とても自然が豊かなまちです。だからこそ農業を基盤とした仕事づくりを仕掛け、まちを発展させたいと当時から考えていました。

 

これからさらに人口減少が進んでいくことは避けられないため、若者に移住してもらい、定着し、定住してもらえるようにしなくてはいけません。そのためには仕事をつくることが必要です。伊達市から出て働く方が多いのですが、それは働く場が少ないということも原因しています。地域で働ける人を増やすため、仕事を作らねばならないとも考えていました。

 

伊達市はとても自然豊かなまちですが、若い頃や地元に住んでいるときにはその良さにはなかなか気付け無いことがあります。外を見ることで気付くことも多いため、一度外に出た人も戻りたくなるようなまちにしたい。広い農地や里山などの自然を守り、若者が移住したくなるような仕組みを作り、支援する。そのための力になりたいと考え、市長を目指しました。

 

地域だけではなく、世界に目を向けて。農業から産業へ。

今までの農業は基本的に地域内で完結していました。地域で生産し、地域内で消費をする。これも正しい形ですが、これからは地域外の消費者に食べてもらうことが大切です。つまり全国、そして世界を相手に伊達市の農業をアピールしたい。

 

伊達市は今現在、これができています。具体的にはぶどうや桃、あんぽ柿などの出荷量が多いこと、そして夏秋きゅうりの出荷量は日本一です。このように伊達市の果物や野菜は、ブランドとして認知され、購入していただいております。これからはこうした産業としての農業をより発展させていきたいと思っています。

 

ただし、後継者不足に悩まされているのも現実です。後継者を地域内だけで探すことは難しいため、移住をしてもらうことで後継者を育てていきたい。そのためにも農業に関連した製造業や食品加工業などの企業を誘致して、働く場所を作る政策を進めています。工業団地の造成や企業誘致セミナーもおこなっており、あらゆる産業に来てもらい、働く場を提供するための取り組みをおこなっています。

自治体と共に地方から日本をおもしろく