副業を選択する人が増加していること(参照:副業について考える)、副業を取り巻く環境の発展(参照:副業について考える)についてお話してきました。しかし、「副業に興味を持ってはいるものの、どのような副業があるのかわからない」という方も多いのではないでしょうか?

この記事では、副業の種類について紹介します。自分にあった副業を考える際に、是非こちらの記事をご活用ください。

 

副業の種類

副業は、大きく分けて4種類に分けることができます。

時給型副業 自分が働いた時間の対価として報酬を得る副業
タスク型副業 継続性のない単発での副業
能力型副業 自分のスキルを活かして案件を受注し、その報酬を得る副業
ビジネスオーナー型副業 報酬が発生する仕組みを作り、仕組みに稼いでもらう副業

 

時給型副業

時給型副業とは自分が働いた時間の対価として報酬を得る副業を指します。アルバイトなどの経験がある人は想像がしやすいのではないでしょうか。

時給型副業の例

・キッチンスタッフやガソリンスタンドスタッフなどの飲食・接客系

・牛乳配達や新聞配達などの配達系

・家事代行や遺品整理代行などの代行系

 

メリット

時給型副業は資格が必要ない仕事が多いので、誰でもすぐにはじめることができます。面接をして受かれば働くことができるので、即金性がありすぐに稼ぎたい人におすすめです。

デメリット

働く時間が決められていることが多いので、本業の労働時間に変動がある人はシフトを組みにくい側面があります。また労働時間の管理を行わないと過労による体調不良になり、本業への影響が懸念されるので注意が必要です。

 

タスク型副業

タスク型副業とは継続性のない単発での副業を指します。クラウドソーシングなどでよく見られるのがタスク型です。

 

タスク型副業の例

・画像の挿入や書類の記載情報を入力するなどの入力業務

・依頼された記事を執筆するライティング(能力型副業にも該当します)

・募集されている内容に答えるアンケートモニター

 

メリット

隙間時間に作業ができるので、空いた時間を有効活用したい人におすすめです。仕事を受注しやすく、初心者でも取り組みやすい案件が多いので、副業初心者でも取り組みやすいでしょう。予定の立てづらい人でも働きやすいことがタスク型副業のメリットです。

デメリット

報酬は低く設定されていることが多いです。また単発での契約なので、ひとつの仕事が終わればまた次の仕事を探す必要があります。安定的に稼ぎたい、という人には向いていません。

 

能力型副業

能力型副業とは自分のスキルを活かして案件を受注し、その報酬を得る副業を指します。

 

能力型副業の種類

・スタイリストやネイリストなどの技術職

・ハンドメイド販売などの作家業

 

メリット

専門性を活かすことでスキルを持っていない人ができない案件を受けることができます。そのため報酬は高めに設定されており、稼ぎやすいことがメリットです。報酬の高さから他の副業と比べて、同じ金額を稼ぐ時間を短くできる可能性もあるので、時間効率に優れているといえます。

デメリット

スキルを身につけるためには知識を得るための勉強や、技術を磨くための実技などを行う必要があります。そのため誰でもできるというわけではないので、すぐに稼ぎたい人には向いていません。

 

ビジネスオーナー型副業

ビジネスオーナー型副業とは報酬が自動で発生する仕組みを作り、その仕組みが稼働することで報酬を得る副業です。

 

ビジネスオーナー型副業の種類

・ゲーム実況や動画配信を行うユーチューバー

・不動産を所有し家賃収入を得る不動産オーナー

・株式の配当を得る投資家

 

メリット

仕組みを構築すれば自分が働かなくとも報酬を得ることができます。また収益性が高いので、上手くいけば多額の報酬を得られるかもしれません。

デメリット

仕組みを作るまでの時間や手間はかかります。また継続的に上手くいく保証はないので、時代やトレンドに合わせて仕組みを変更する柔軟性が必要です。

 

まとめ

 今回お話した4つの副業についてまとめます。

  時給型 タスク型 能力型 ビジネスオーナー型
メリット ・初心者から可能

・即金性が高い

・初心者から可能

・隙間作業が可能

・高額報酬

・専門性が高い

・自動収入

・歩合性 

デメリット ・拘束時間がある

・過労の懸念

・低報酬

・収入が不安定

・専門性が高い

・即金性が低い

・初期の作業工数

・継続的な変更

 

第3話『政府の方針の変化』を読む ←|

| →第5話『副業採用と直接雇用の違い』を読む

その他の記事を読む