少し前のことになりますが、
社員みなで「生きる」という映画の上映会を行いました。

「生きる」は、1952年公開の黒澤明監督の作品です。
がんで余命宣告をされた公務員がこれまでの自分の人生を振り返り、
残された命の使い方を考え始め、人が変わったように仕事に取り組みます。
主人公は自分が主導して作った公園で死に、
映画の後半はほとんどが主人公のお葬式シーンという、
これだけを聞くと重い映画です。

私ははじめて観た時にとても感動し、
それ以降何度か鑑賞しては自分の人生、命の使い方を問い直してきました。
自分は余命宣告をされたわけではないが、日々死に向かっているし、
いつ死ぬか分からない。
あの主人公が、子どもたちが遊ぶ公園を世に残したように、
自分は何を残せるだろうか、何を残したいだろうか。
この問いに明確に答えられる人はとんでもないエネルギーが湧くし、
人として成長していくと思います。

貴重な人生の時間を会社のために使ってくれている仲間だからこそ、
自分の人生に向き合い有意義な時間を過ごしてほしい。
こんな想いを伝えたくて上映会を行いました。

そして私は、社員が情熱をかけて仕事に取り組める環境を提供していくために
努力していきます。