佐藤悠人

東北大学法学部卒、大手電機メーカーを経て2014年に一般社団法人MAKOTOに参画。現在は個社支援の他、東北全体を対象にした起業家育成プログラムの統括責任者も務める。

 

そもそも、ハンズオン支援って?

「ハンズオン支援」という言葉をご存知でしょうか?

ハンズオン支援とは、経営支援を行っている会社による「伴走型支援」のことです。

 

下記のように、経営支援を行っている会社によって若干定義が異なる場合もありますが、起業家・経営者と支援者が1対1でサポートするという点ではすべて共通しています。

 

ハンズオンとは
起業家・経営者と支援者が1対1でサポートすること。
経営面の支援以外にも使われる言葉だが、経営支援に限定すると下記のパターンが挙げられる。・定期的に打ち合わせを行い、思考の整理を手伝う・一定期間専門家を定期的に派遣する・取締役等を送り込み、直接経営を行う

とはいえ、具体的に何をするのかはイメージしにくいかもしれません。

そこで、弊社で行っているハンズオンのメニューをご紹介します。

MAKOTO WILLのハンズオンメニュー

MAKOTO WILLのハンズオン支援では、起業家・経営者の方と定期的に打ち合わせを行い、思考の整理や助言を行っています。

2011年の一般社団法人MAKOTO設立当初から、起業家の相談対応や支援は行ってきましたが、支援策は担当者ごとの個人技になりがちでした。

それを解決するため、2014年には体系的に整理し、各メンバーに溜まっていたノウハウを下記のように共有化していきました。

会社として、チームとしてハンズオン支援を行っていることにより、情報やノウハウが社員に蓄積されていることも、MAKOTO WILLの特徴の1つです。

 

ただ、一番の特徴は、提供するものではなく、そのための姿勢だと思っています。

MAKOTO WILLが大事にしている姿勢

MAKOTO WILLのハンズオン支援は、手を取って支援するというよりも、起業家・経営者の横に立ち、同じ方向を見る

ハンズオン支援というより、「Stand with」という表現の方がしっくりくるかもしれません。

 

「支援」という言葉には、支援する側と支援される側という一方通行な関係性が感じられますが、WILLの支援には、上下も前後もありません

WILLが関わる起業家の皆さんの多くが、これから事業を立ち上げる方や立ち上げたばかりの方です。

この段階では、「やりたいことや実現したいこと」があふれると同時に、「できないことや制限」も次々に出てきます。

ここで一番大事なのは、次々に出てくる様々な思いや考えを整理していくことです。

 

そのため、WILLの支援では、起業家の心と頭の中にあるものを全て表に出し、整理するお手伝いに力を入れており、そのためには上下・前後の関係ではなく、横に立つ関係性を大事にしています。