今回のインタビューは福島県会津若松市の室井照平市長。

会津若松市では「スマートシティ会津若松」の推進を掲げ、ICTや環境技術などを活用し、力強い地域社会と、安心して快適に暮らすことのできるまちづくりの実現に向けて取り組んでいます。

室井市長に「スマートシティ会津若松」の具体的な取り組みと、今後の展望についてお聞きしました!

会津若松市 室井照平市長
会津若松市議会議員、福島県議会議員を経て、2011年8月より現職。

 

 

 

インタビュアー・執筆:島越彩香
宮城大学在学中に、一般社団法人MAKOTOでのインターンを経験。
2019年5月より、MAKOTO WILLに参画。

 

市の強みをバネに先進技術の実証地域を目指す

ーー「スマートシティ(※)会津若松」の取り組みはどのような背景で開始されたのですか?

「スマートシティ会津若松」は、2013年2月に発表した施政方針と、「地域活力再生に向けた取組み~ステージ2~」にて、初めて掲げました。

「地域活力再生に向けた取組み~ステージ2~」に関しては、東日本大震災と原子力発電所事故による影響からの復興としての取組みについてまとめたものです。

これをまとめる上で、市の課題と特色・強みに関して改めて考えたのが、下図です。

市の課題を、先進技術の実証地域、ひいては新産業の集積地になることで乗り越えようと打ち出した方針こそ、「スマートシティ会津若松」です。

※スマートシティ
総務省によると「都市や地域の機能やサービスを効率化・高度化し、生活の利便性や快適性を向上させるとともに、人々が安心・安全に暮らせる街」のこと。日本の地方自治体が主導するスマートシティに向けた取り組み事例としては以下が挙げられる。

・ビーコンタグとスマートフォンを活用した、通学中の子どもや、認知症の影響で行方不明になる可能性のあるお年寄りの見守りサービス
(兵庫県加古川市「ビーコンタグ(BLEタグ)を活用した見守りサービスで更なる安全安心なまちへ!

・中山間地域におけるドローンによる物流システムの構築(実証中)
( 長野県伊那市「日本初! 河川上空を幹線航路とする新たなドローン物流システム構築と、官民協働によるサプライチェーン形成を組み合わせた物流の事業化に向け、伊那市が実証をスタート」)

 

ーー「スマートシティ会津若松」を掲げたときに、市民の皆さんからはどのような反響がありましたか?

中には「よくわからない」とおっしゃる市民の方もいましたが、めげることはありませんでした。

横文字ですし、完全に新規の取り組みですので、最初は受け入れがたいものだったかもしれません。

じっくり議論をすることも大切ですが、「まずはやれることをやって、実績を作ろう」という想いの元、進めました。

ICTの力で市民にやさしい市役所窓口に変革

 

ーー続いて「スマートシティ会津若松」の具体的な取り組みについてお聞かせください。

以下の表のように、3つの視点のもと、様々な施策を進めています。

 

視点 具体的取り組み
地域活力の向上 首都圏のIT企業が中心に入居するICTオフィス「スマートオフィスAiCT」外国人向け観光サイト「VISIT AIZU」

木質バイオマス発電によるエネルギーの地産地消

電気自動車の普及促進

市民生活の利便性向上 地域情報ポータルサイト「会津若松+」各種証明書のコンビニ交付サービス

タブレット受付サービス「ゆびナビ」

情報メール配信サービス「あいべあ」

母子健康情報サービス

学校情報配信アプリ「あいづっこ+」

LINEを活用したAIによる自動応答サービス

市民との情報共有の促進 オープンデータに向けた取り組みローカル情報交流アプリ「ペコミン」

「除雪車ナビ」

(会津若松市「スマートシティ会津若松の実現に向けた取り組みについて」を参考に作成)

 

ーー本当に様々なことに取り組んでいるのですね。中でも、市や市役所が特に大きく変わった事例はありますか?

1つ取り上げるとしたら、タブレット受付サービス「ゆびナビ」ですかね。

「ゆびナビ」のデモンストレーション動画