「起業」というワードを聞くと、全てを投げ売って自分の時間やお金を注ぎ込むもの、というイメージをお持ちの方もいらっしゃいます。

しかしながら、起業前に思い描いていた道のりを想定通り歩むことができる企業は、一握りの企業だと言われています。

数々の「想定外」を乗り越えていくことで、最終的に思い描いたビジョンに近づいていく臨機応変の対応が求められます。

 

そのような中で、起業当初に大きなリスクを背負ってしまうと、想定外の出来事が発生した際に対応しきれず、例えば莫大な借金を背負ってしまう、というようなことにもなりかねません。

ですので、どんなに大きなビジョンを思い描いていたとしても、まずは小さいスタートを切っていく、という点が非常に大切になります。

 

どんな内容なのか

 

上記でご説明した2点、「想いを固め、小さなスタートを切る」ということを全5回の講義に分け、具体的なワークショップや宿題を含めたコンテンツを提供しています。

 

「大失敗しない起業」を実現するために、起業に向けて着実なステップを歩むことができるように、なるべく受講者の方々に寄り添った形で開催しています。

 

全体の流れとしては、

・想いの明確化

・アイディアの具体化

・仮説検証をする

・収支計画の作成

という内容で、多くの書籍等を参考にしながら、最新の起業体系を、初心者向けに分かりやすくまとめています。

 

 

よくあるビジネススクールのように、「マーケティング」や「事業計画の作成」等はあえて省いています。

 

というのは、マーケティングは起業後の具体の話であるため、これから起業を考えている方に対して、起業前の段階でお伝えする必要性は低いと判断しているためです。

また、事業計画に関しても、上述した通り、予想外の連続である起業当初においては(特に起業前に関しては、自身が進出する市場の状況を把握しきれない、ということもあります)、綿密な計画を練るよりも、まず小さく行動してみるという点を重視しているため、省いています。

 

■ビジネススクール受講後のサポート

 

多くの地域では、ビジネススクールと、その後のハンズオンサポート(1対1の伴走支援)も行っています。

それにより、起業に向けた具体的なアクションを行うことができます。

 

弊社のビジネススクールやハンズオンサポートをご希望される・話を聞きたいという自治体のご担当者がいらっしゃいましたら、問い合わせくださいませ!

 

 

 

自治体と共に地方から日本をおもしろく