こんにちは!MAKOTO WILLの江本です。

今回は、弊社が東北の各地域にて実施している、ビジネススクールについてご紹介いたします。

 

 

 

現在弊社が行なっている事業は、起業家支援にとどまらず、コワーキングスペースの運営や、地域おこし協力隊の採用サポート、地域のリブランディング事業など多岐に渡ります。

それぞれの事業にてほとんど共通して取り組んでいる内容として、セミナーの企画・運営があります。

地域にて関わっていく際に、起業家や住民の方々と直接関わることで、その地域が潜在的に抱えている課題等を把握するために、多くの事業・地域にてセミナーを実施しています。

 

その中でも特に、起業のためのビジネススクールは2015年から数えて、103回実施しています。

この記事では、ビジネススクールを実施する理由や内容について、ご紹介いたします!

 

なぜビジネススクールをやっているのか

 

1.地方では起業に関する情報・サポートが不足している

 

弊社が関わっている地域の多くは、人口の少ない山間地域で、起業に関するサポート等も都市部と比較して不足しているような場所になります。

しかしながら、そういった場所でも、何か自分で事業を立ち上げたいという志を持った方々は必ずいらっしゃいます。

せっかく想いを持ち、起業に向けて走り出そうとしている方が、情報やサポート不足に直面してしまうと、起業する前の段階から足が止まってしまうことになります。

そういった、起業に至るまでの障害を取り除くべく、各地域にてビジネススクールを実施しています。

 

 

実施してみてわかったことは、本当に多くの方々が、起業に関しての情報を欲している、ということです。

各地域で実施する度、年齢に関係なく、様々な方々が足を運んでくれています。

若者だけでなく、子育てが落ち着いたお母様方や、自分の事業をより大きくしたい、というニーズからビジネススクールに参加していただく方々もたくさんいらっしゃいます。

その度に、やはり地方においての起業情報・サポート不足を実感しています。

 

2.ビジネスの基礎を固めないと、失敗した時のダメージが大きくなる

 

毎回のビジネススクールで私たちがお伝えしていることは、「起業する前にリスクを極力減らした上で、チャレンジしましょう」ということです。