首長インタビュー第13弾は、宮城県白石市の山田裕一(やまだゆういち)市長。

山田市長は40歳の若さで市長に就任し、子育て支援や、シビックプライドを醸成する教育環境の整備といった政策に積極的に取り組んでいます。

市長就任までのいきさつや、昨年新たにオープンした複合施設「しろいしSunPark」について、たっぷりお聞きしました!

 

全盲の母の存在が原体験に

「お世話になった白石市に恩返しをしたい。」

そう語る山田市長の脳裏に浮かぶのは、全盲の母と、その母を支えてくれた地域の方々の存在です。

「私の母は、私が小学校へ上がる前の年に脳腫瘍を患ったことがきっかけとなり、全盲になりました。

幸い、今も元気に暮らしていますが、そのような状況だったので、幼い頃から地域の方々に様々な面でお世話になっていたんです。

そのため、『将来は地域のみなさんに恩返しできるような仕事がしたい』と子どもながらに考えていました。

『教師になる』という夢を抱いていた時期もありましたが、『長男だし、家業のクリーニング屋を継いだら両親も安心するだろう』と思い、高校卒業後は、東京にあるクリーニング師の国家資格を得るための学校に行くことにしました。」

 

”困っている人の力になりたい”と、地方政治の道へ

20歳で晴れてクリーニング師の資格を取得し、白石市へ帰ってきたあるときのこと。

薬害エイズ事件(注1)の訴訟における、時の厚生労働大臣、菅直人氏の対応に衝撃を受けたと語ります。

注1: 1980年代、血友病患者に対し、加熱処理してウイルスを不活性化しなかった血液凝固因子製剤を治療に使用したことが原因で、多数のHIV感染者及び、エイズ患者を生み出した事件。国が非加熱製剤の危険性を分かっていながら、使用許可を出していたのか否かが争点の1つ。

「菅直人氏が厚生労働大臣になった時に、過去のデータをすべて開示して、『国は非加熱製剤の危険性を認識していながら使用許可を出していた』ことを明らかにしました。

その結果、被害者の方々との訴訟で和解が成立したんです。

その報道を見た時に『政治の力によって、本当に困っている人を助けることができるんだ』と思い、雷に打たれたような衝撃を受けました。

一方、身近な地方議会に目を向けてみると、若い世代や女性が少ないんですよね。

自分たちの生活に一番身近な議会なのだから、老若男女が揃ってはじめて市民の声を届けたり、行政に反映したりできるのではないかと思い、地方政治の勉強を始めました。」

死ぬときに悔いがないように。市長選にチャレンジ

その後、白石市議会議員選にチャレンジし、議員を務めた山田市長。

自ら議員研修を企画したり、政策提案を積極的に行ったりするなど、果敢に取り組んでいましたが、議員の立場ならではの葛藤があったそうです。

「私自身、4人の子どもがいたり、母の病気のこともあったりしたので、『子育て世代代表』として、子育て支援や教育、福祉の分野に特に力を入れたいと考えていたんです。

しかし、議会は、政策提案は出来るけれど、政策が実際に執行されるところまで関与できないという点で葛藤を抱くようになります。

ある時、とある病気にかかって10日間ほど入院するという出来事が起こり、『若くても健康だとは限らないし、死ぬ時に悔いがなかったと思えるような人生を送りたい』と考え、議員を辞めて市長選挙に出ることを決意しました。

妻には反対されるのではないかと思ったのですが、

『もし選挙に負けても命を取られるわけじゃないから。ただ、負けたらスッパリ政治からは足を洗ってください。』

という言葉をもらい、応援してくれました。

おかげ様で市長選で当選し、今に至ります。」