自治体と共に地方から日本をおもしろく

 

MAKOTOグループは、 自治体と連携した地域課題の解決を加速すべく、 2019年4月1日から起業家支援を中心とした地方創生部門を分社化して設立した株式会社MAKOTO WILL(本社:宮城県仙台市、 代表取締役 菅野 永)を本格始動します。

 

 

■MAKOTO WILL 設立の狙い

  • MAKOTO WILLは、 ミッションに「自治体と共に地方から日本をおもしろく」を掲げ、 全国でも稀有な自治体との共生を前面に押し出すベンチャー企業として人口減少、 少子高齢化等の地方に山積する地域課題の解決に取り組みます。
  • MAKOTOグループは、 2015年に地方創生事業を開始して以来、 東北の16自治体に対して起業促進・起業家支援を中心にしたサービスを提供してきました。 MAKOTO WILLの分社化により、 これまでのノウハウや経験を集約し、 自治体向けのサービスに還元します。
  • 今後は、 「自治体職員の採用育成事業」や「自治体職員が相互に課題解決を目指すコミュニティの運営事業」、 「財源確保支援」等の自治体向けの新たなサービス提供を通じて地方創生の取組みへの貢献を強化していきます。

 

■株式会社 MAKOTO WILL について

所在地    宮城県仙台市若林区清水小路6-1 東日本不動産仙台ファーストビル1F
設 立    2018年6月1日
資本金    1,000万円
役 員    代表取締役 菅野 永
従業員数   13名
連絡先    local-in@mkto.org
ホームページ  https://mkto-will.jp
事業内容
・創業支援事業
・施設運営事業
・移住起業促進事業
・地域課題解決事業
・若者向け起業家教育事業
・研修・ワークショップ事業
・自治体職員向けオンラインサロン運営